FIRE40’s diary

投資(主に米国株)や日々の生活について発信していきたいです

ブログ移転

はてなブログでブログを開始しておりましたが、どれだけ続くのかわからなかったのでとりあえず開始したという感じでした。

 

何とか1か月続けることができたので今後はこちらに移転したいと思います。

tkfirediary.com

まだ使い方などわかってない部分もあるため手探りですが、いろいろと調べていって充実させていきたいなと思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

イーサリアム購入

仮想通貨が暴騰している今日この頃ですが、だいぶ乗り遅れましたが少しだけ追加購入してみました。といってもそこまで投資する現金はないので、口座に残っていた約25,000円分を買い付けました。ビットコインは既に持っているので今回はイーサリアムを購入です。

fire40.hatenablog.com

正直仮想通貨については仕組みも理解できておらず、ビットコインとかイーサリアムとかリップルとかの違いさえもよくわかっていません。一発当てようと思うとそれなりの金額買わないといけないのでしょうが、暴落したり最悪ゼロになっても大丈夫な金額しか怖くて買えないです。もう少し買ってもよかったですが、追加入金もどうかと思ったので、ビットコイン購入時の残りで買いました。

fire40.hatenablog.com

買値は272,313円で0.0895ETH分です。買値と売値の差額があるのと、少しさがっているので現時点では-1,000円くらいです。暴騰すればラッキーくらいですね。もとがしれてるので、億万長者にはなれなさそうですが・・・

基本的には保有ビットコイン共々長期的に放置します。もしどこかで暴落するようなことがあれば、追加購入しようかなというところです。投資信託や株を始めた頃と同じでまずはやってみてという感じですね。失敗してもそこから学ぶこともあるでしょうし、成功すれば儲けもん。初めに勉強してからというのが出来ない性分なので、大きく賭けるのもリスクがあるため、大勝ちもなければ大損もない感じです。がっつり勝負できる人は凄いですね・・・

 まだ仮想通貨に投資してない人は少しだけでもぜひこの機会にご一緒してみましょう。結果は気長に見守りたいと思います。

米国株最高値更新

15日の米国市場でダウ平均が34,035ドル、S&P500株価指数が4,170ポイントと過去最高値となったようです。それぞれコロナショックで19,000ドル近く、2,300ポイント近くまで下がりましたが1年あまりで凄い上昇です。日経平均も16,500円くらいから30,000円前後まで上がっていますが、こちらは過去最高まではまだまだですね。(1989年12月29日の3万8957円44銭が最高値のようです)

暴落時に突っ込めた人はかなりの含み益を得ているんじゃないでしょうか。私も多少は買いに向かいましたが、最安値を探るうちに一気に上がってしまい、あまり恩恵にはあずかれませんでした。ただ売却もしていないので過去からの保有分はきっちり上がっています。(一部例外はありますが)

米国市場では暴落がありながらも、長期的には常に右肩上がりの成長をしてきた証拠ですね。個別銘柄ではマイナスもありますので、よくいわれるS&P500連動などのETFを長期積立していればOKというのも納得です。個別株は趣味とロマンを求めてやめられませんが、そこまで興味がない、労力をかけたくないという人はETFでほったらかしがオススメです。暴落時にはかなりのマイナスになることもありますので、気にしない、むしろ買い増しするくらいの図太さも必要ですが・・・

最高値と聞くと、割高だ、これ以上は上がらないんじゃないかと、毎回話題になりますが、ことごとく裏切ってきています。過去の出来事が未来にも当てはまるわけではないですが、世界経済が成長するという前提では、米国株が強いのではと思います。GAFAM(GoogleAppleFacebookAmazonMicrosoft)などITを初めとした最先端世界をリードする会社は米国企業ですし、ユニコーン企業と呼ばれる評価額が10億ドル以上の未上場スタートアップ企業の数も多いです。日本人としては残念ですが日本株よりかは米国株かなと。(日本でも良い会社はあると思いますが個別株だと見極めが難しい) 後は中国企業も躍進していますが、政治なども考慮するとリスクがあるかなと感じています。

将来のことはわかりませんが、今は貯金していてもお金は増えないので、少しずつでも米国株にチャレンジして、経験してみることをオススメします。ETFでなくてもeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)や楽天・全米株式インデックス・ファンドなんかでも良いと思います。円で取引できますし、積み立てればほったらかしにできるので。

最高値で資産が増えるのは嬉しいですが、お買い得値で買い増しする機会がないのも残念で複雑なところです・・・

おすすめだし

 今日は料理ネタです。我が家で利用しているおすすめのだしを紹介します。久原本家の茅乃舎のだしです。福岡にある会社で椒房庵の明太子は聞いたことのある方もいるかもしれませんね。

www.kubara.jp

 たまたま福岡に出張に行った際にお土産として買って帰ったのですが、そこから我が家のお気に入りのだしになっています。(普段使いにするにはなかなかお高いのですが・・・) 食費にはかなり厳しい(キャベツは1玉100円以下、お肉は豚小間か鶏むね肉、外食は株主優待のみなどなど)のですが、このだしだけは贅沢をしています。関西では主に大丸で売っていて、J.フロントリテイリング株主優待を持っているので、若干(10パーセントOFF)お安くは帰えているのですが・・・。ちなみにJ.フロントリテイリングは絶賛含み損中です。優待目当てに購入し損をしているパターンですね・・・。

 だしを取るのは正直面倒なので、細かいだしの素?が気にならない料理には、だしの袋を破って中身をそのまま入れて使っています。だし巻き卵や茶わん蒸しとか、澄んだだしにしたい煮物は袋のままだしを取ったほうが見た目的にもいいのでしょうが、味噌汁なんかは特にそんな使い方をしています。困ったことに子供たちはこのだしを使った味噌汁が気に入ってしまい、ほかのだしや顆粒のだしにしてしまうと違いが判るようで「これいつものと違う、あんまりおいしくない」と贅沢になってしまいました。いや、そりゃ値段違うからね、そりゃおいしいやろって。味噌汁に利用したことを後悔しても後の祭りです。だしを取っているだけでもいい香りがするので食欲が湧いてきます。購入時にちょっとしたレシピのパンフレットもつけてもらえますし、料理がうまくなった気分も味わえます。

 このだしは通常のだしもあるのですが、なんと地域限定のだしも存在します。北海道、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、博多の8つです。地元関西ながら京都と大阪は購入したことがあります。通常のだしとは違った風味ですがこの2つもおいしいです。私はまろやかな感じで京都のだしが好みでした。今はなかなか旅行など移動がしにくい時期なので、それぞれの限定商品を購入する機会がないのが残念ですね。たまにネットでも限定だしセットの販売を行っているようですのでタイミングが合えば購入してみてもいいかなと思っています。(割引がないですが・・・)

www.kayanoya.com

 だしをこの値段で買うのはハードルが高いかもしれませんが、お土産としても喜んでもらえると思いますのでそういった使い方もよいのではと思います。私もコロナ以前の正月帰省時にお土産として親、親戚に渡しましたが評判は良かったです。このだしの注意点としては子供に与える際は注意しましょうということくらいでしょうか・・・これ以外受け付けなくなると懐が痛みますので・・・。

ビットコイン700万円突破

仮想通貨のビットコインがとうとう700万円を突破したようです。ほかの仮想通貨もリップルが200円、イーサリアムも26万円と軒並み高騰を続けているようです。ビットコインはドルベースだとまもなく65,000ドルというところで、直近で目指すは70,000ドルというところでしょうか。

この前ブログでふれていましたが、残念ながら追加投資はまだできていません・・・
fire40.hatenablog.com

1年前は大体73万円位だったので、この一年で10倍近くになっているということですね。株価もコロナの暴落から急回復し高騰しましたが、2倍にもなっていないのを考えると恐ろしい上昇率です。こういうのを見るとタネ銭の大きさ、富めるものはますます富むというのが良くわかりますね。私は7万円が70万になったくらい(それでも凄いですが)ですが、仮に100万円分だと700万円に、1000万円くらい買ってればそれだけで1億円到達です。(税金のことがあるのであくまで数字上ですが)

今でも富裕層が海外移住というような話も聞きますが、今後仮想通貨長者が増えてくると、こぞって海外へという流れもあるかもしれませんね。出国税やら非居住者条件など色々ありそうですが。1億円位だと移住後のリスクありそうですが、10億円とかならそれでも海外移住する方がメリットがありそうです。それくらいあれば働かなくても安泰でしょうし。

現行のままの税制の方が良いのか、変更した方が良いのかどうか、国の税収などの状況はわかりませんが、庶民にとっては仮想通貨も株と同じ扱いにしてほしいですね。それで富裕層も日本にいてくれれば、お金を日本で使ってくれるかもしれませんし。

株、投資信託は積み立て投資が浸透してきましたが、今後は仮想通貨も積み立ての時代が来る(もう来てる?もう遅い?)かもしれませんね。持たないリスクというのが今後の投資環境にかなり影響してきそうです。

キャッシュポジション

我が家は共働きで別財布、妻が預金のみという環境なので私自身のキャッシュポジションは資産の5%くらいしかありません。また今月車検で十数万は必要なことと、来月は固定資産税の支払いも控えていることから、まとまった現金が必要になります。そのため特にこの時期は余裕資金がなく、新規投資ができないお財布事情です。

もちろんETFの自動積立投資はあるので、まったく投資に振り分けていないわけではないのですが、株を買いたいと思っても買えないのはストレスですね。米国株投資を始めてからは、ETFの積立とは別に個別株を買うのが趣味みたいになっています。色んなサイトとかを見てあれが良いかなー、これが良いかなーと考えてるのが楽しいんですね。今は相場が良いこともあってだいたいがプラスになっています。

購入する株については売上とか利益とかの簡単な数字は確認しますが、他の米国株投資家さんのように、そこまで詳しく企業分析は行っていません。検索でヒットした他の方の分析やブログ記事なんかを都度参考にさせてもらっていますが。。。今はお金があったらブリストル・マイヤーズ・スクイブ(BMY)を買いたいなーと思っています。株価は伸び悩みで少し低迷気味ですが、今後の株価への期待と配当も3%以上あり配当目当てでもよいかと。(これから株かが上がるかどうかはなんの根拠もありませんが)

ただ少なくても夏くらいまでは余裕資金もできなさそうですし、そこで買うとまた資金難になるので当分は個別株の新規購入はおあずけかもしれません。配当で毎月のETF購入が賄えるようになると、余裕ができますがまだまだですね。今年はボーナスも期待できなさそうですので我慢の時期です。キャッシュポジションは永遠の課題です。多すぎても少なすぎてもどっちにしてもモヤモヤするという・・・

在宅勤務とトイレ

投資の話題ではないですが、去年の3月から在宅勤務が本格的に始まり、かれこれ1年以上が過ぎました。外資系ということもあり元々在宅勤務の制度、仕組みが整っていたこともありここ1年で3回しか出社していません。これだけ在宅勤務が続くとコロナが収まっても、もう出社したくないですね。

食事中の方はここから閲覧注意です。

この1年でトイレに関する困り事が2度発生しています。今の家に住み始めてから8年ほどになりますが、この1年でトイレが2回詰まりました。水のタンクがないいわゆる節水型のトイレです。

初めの1度目はブツがある状態でつまり、相当焦りましたね。幸い少しずつ流れてはいたので溢れることはありませんでしたが。。。洗剤やクエン酸等を入れて溶かすという方法も試しましたが効果がなく、最終的にはラバーカップコーナンで買ってきてなんとか解消することができました。詰まったのが昼間だったのでまだよかったですが、夜だと相当焦ったと思います(昼間でも相当焦りましたが)。トイレ使えない、ラバーカップも買えないとなると、業者呼ぶしかないですし。呼ぶと数万円かかるというようなことも聞くので、ケチな私はどうなったことか・・・。2回目は小の時だったのと、洗剤で解消したのでラバーカップの出番はありませんでしたが。

節水型はエコが取り柄ですが、詰まっては本末転倒なので今は全て大で流していますし、流す頻度もこまめにしています。大でも昔のトイレの小より水の量が少ないとの情報もありますがどうなんでしょうか。それでもたまに子供が流したのにブツが残ってるーって言ってくるときもありますが。最近はエコ目的で?スーパーの袋も有料になりましたがとの程度効果があるのでしょうか。本当かどうかわかりませんが、ナイロン袋の購入が増えたというようなの情報もありますし、エコは大事ですが本末転倒にならないと良いですね。

少し話が脱線しましたが、自宅が節水型トイレの方は、保険でラバーカップを買っておくと安心ですよ。それほど高くもないですし。

山崎産業 ラバーカップ ケース付 <KLB2101>[KLB2101]

価格:968円
(2021/4/12 17:13時点)
感想(0件)